慢性疲労を回復~蓄積された疲労を取り除く有効手段~

夫婦

数値を効率良く下げる

栄養補助食品

人間の血液の中にはヘモグロビンと呼ばれる成分が含まれています。ヘモグロビンは赤血球に含まれているタンパク質の仲間で、身体に取り込まれた酸素を身体の隅々にまで運び届けるという役目があります。このヘモグロビンは血液中のブドウ糖と結合する性質を持っています。このヘモグロビンがブドウ糖と結合したものをヘモグロビンa1cといいます。

血液検査などを行なった際にも、しっかりとヘモグロビンa1cは表示されていますが、一般的にこの存在が知られておらずその数値をスルーしてしまう人も少なくないのです。血糖値ばかりを気にしすぎるあまり、ヘモグロビンa1cの数値が高いまま放置してしまうことも良くあります。そうすると後々糖尿病などの症状を引き起こす可能性があるので十分に注意しましょう。

ヘモグロビンa1cの数値を下げるためにはまず、血糖値の数値を下げる必要性があります。血糖値を下げることで自然とヘモグロビンa1cの数値も下がっていきます。具体的な血糖値の下げ方は非常にシンプルです。血糖値は体内に糖分が吸収した際に上昇します。食後に血糖値の数値が上昇するのはこのためです。そのため血糖値を下げたい場合は糖の吸収を緩やかにする食品を摂取するように心がけましょう。血糖値を下げる食品としてはレタスやほうれん草、キノコ類や大豆、乳製品ではチーズやヨーグルト、牛乳があります。ですがこれらの食品には脂肪分を多く含んでいるものあるため、バランス良く摂取するように心がけましょう。